アマノジャッカー・einnonti(アインノンチ)の隠れ家です。2004年の生態記録は「過去の日記」からご覧下さいませ。近々ここを引越し暫く隠居しようかと・・・
by 2004-ein
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライフログ
小説
写真集
コミック
DVD
音楽DVD
GAME
CD
XML | ATOM

skin by Sound Labo
カテゴリ:映画( 19 )
Jabberwocky
b0028917_10144410.jpg

ヤン・シュヴァンクマイエル「ジャバウォッキー」その他の短編
/ コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B000063C29
価格: ¥3,990 (税込)
スコア選択: ★★☆☆☆
  
*収録作品 全6編*
1. シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック(1964年)
    Posledni trik pana Schwarzewaldea a pana Edgara
2. J.S.バッハ-G線上の幻想(1965年)
    J.S.Bach: Fantasia g moll
3. 家での静かな一週間(1969年)
    Tichy tyden v dome
4. 庭園(1968年)
    Zahrada
5. オトラントの城(1973年-79)
    Otrantsky zamek
6. ジャバウォッキー(1971年)
    Jabberwocky (Zvahlav aneb saticky Slameneho Huberta)

Nは、未知なる世界に引き込まれるように途中、ウトウトと夢の世界に足を踏み入れてしまいました(--;
コーも、最後の方には飽きてたし・笑
シュールで意味不明の映像に音楽の短編集。
上の詩は、鏡の国のアリス「Jabberwocky」の詩です。
鏡の国なので、あえて逆さ文字に・・・
そうじゃなくても、意味不明な詩なのに誰にも読めないって( -_-)ふっ
6作品目の「ジャバウォッキー」は、この詩を朗読しながら展開していきます。
本当は見れてる筈だった「Alice」が、この作品から繋がるそうですが・・・(ーー;)
「Alice」を観ても理解できるのかどうか・・・疑問です・笑

夢心地の世界でも、一番気になった作品は、4作品目の「庭園」かなぁ?

友人から招かれ家に行くと、その友人の家の周りを色んな人々が手を繋いで生垣を作り立っているという作品。(途中出てきたウサギは、やっぱり、アリスを意識してなのかしら?)
友人が言うにはこの人生垣、みんなが自主的にしていると言う。不思議・・・というより、不気味に思った男は、その友人を問いただす。
すると友人は、男に耳打ちをする。






「・・・・・・、」






「・・・・・・・、」







「・・・・・・・・。」











何て言ったのヨ~~~!





と、気になる事間違いなし!の場面・笑
その後の男の行動からして、聞きたいような聞きたく無いような・・・複雑な心境に陥る事間違いないですね。
頭で考えて観る映画でないのは分っていても、あまりの奇抜な映像の数々に圧倒されます。理解不能でも、何故だか印象に残る短編集でした。(途中夢の世界に旅立ったりしたけど・笑)
チェコのアートアニメ界の巨匠、ヤン・シュヴァンクマイエル、おそるべし!デス。

ダーク&シュール&グロテスク&エキセントリックな映画を楽しみたい方は、是非どうぞ♪



ちょっと"papini"様風、テキストにて。


[PR]
by 2004-ein | 2005-07-03 11:26 | 映画
Alice
アリス
/ ポニーキャニオン
価格: ¥4,935 (税込)
スコア選択: ★☆☆☆☆

監督:ウディ・アレン
出演:ミア・ファロー、ウィリアム・ハート、ケイ・ルーク、ジョー・マンティーニャ

間違えた(「July」参照)DVD「アリス」を観ちゃいました。
レンタル屋に電話した所、ちゃんと取り替えてくれることになったので、良かった良かった。
しかし、改装明けの8日に交換となり、急いで見る必要なかったわ・・・(--;
1本先に映画観てたから、目が疲れた(´ヘ`;)ハァ
まだ、もう1本(今日が返却日)観ないといけないのに・・・(T-T)
先に電話すればよかったカモ。

それで、映画の方ですが、間違っても選んで見るような映画ではありませんでした。残念。折角タダでみられたのになぁ┐(´~`)┌
コーは、見なくて正解でした。
別に話の内容が酷いとか、そういうのではないのですが、う~ん・・・
内容を簡単に言えば、「セレブなおば様が、満ち足りない結婚生活に悩み、医者(鍼灸師)から処方された奇妙なハーブによって様々な出来事が起こる」ってストーリーなんです。
でもこの映画、そんなに評判は悪くないんですよね。
ジャンルで言うと、ヒューマンコメディなんだけど、まぁ、コメディと言えなくも無いのかな。
怪しげなチャイナ系のDr.ヤンや、幽霊、透明人間、空を飛ぶシーンとか出てくるから、ファンタジーとも言えるかも。
現代版「不思議の国のアリス」と言われてるけど、どこら辺がそうだったのか・・・いまいち分らないまま、終ってしまいました。

ともあれ、本当に借りたかった方のDVDが良ければそれでいいかな。
と言うのが、感想・笑


[PR]
by 2004-ein | 2005-07-02 18:37 | 映画
THE STARS FELL ON HENRIETTA
ヘンリエッタに降る星【字幕版】
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
米1995年
スコア選択: ★★★☆☆
監督:ジェームズ・キーチ
出演:ロバート・デュヴァル、アイダン・クイン、フランシス・フィッシャー、他

b0028917_5242553.jpgニャンコ好きにはたまらない映画でしたねぇ~
それなりに良い映画だったのに、未公開映画だなんてちょっと勿体ないかも・・・
クリント・イーストウッドが制作しているこの映画、なんといっても見所は、主役(?)の「マチルダ(猫)」ですね!!ヾ(ー。ー;)オイオイ…
すっごく賢いニャンコだったなぁ。可愛かったし。(画像のニャンは、Hが昔飼ってた「シャモ」君です)
ニャンコってNは飼ったこと無いからわからないけど、あそこまで人懐っこいニャンコも珍しいんじゃないのかなぁ?行くとこ行くとこ「トコトコ・スリスリ」とついて来るの。歩いてると足にまとわり付いて来て歩き難そうだったワ(--;
木に登ったマチルダが、コックスの肩に飛び移るシーンは、よかったなぁ。

ストーリーは、

石油の鉱脈を探して旅をする老山師コックスと猫のマチルダ(油田を嗅ぎ付けることが出来る猫(らしい・笑)。20ドルでマチルダを購入)は、ある日、ヘンリエッタという町にたどり着く。
ここに暮らすデイ家の小さな農場の地下に、石油が流れるのを感じ取ったからだ。ディに、油田発掘の共同事業を申し出るが、貧しい生活をしている彼らにそんなお金があるはずもなく、無下に断られる。
それでも油田がある事を確信しているコックスは出資者を探すが皆、回答は同じだった。お金を集める為、とうとう強盗(捕まった場合を考えて、マチルダには別れを告げる)までして、資金を集め始める。
一方、貧しい生活から抜け出したいと考えていたデイ家の主人ドンにも、コックスの夢が飛び火して油田堀に手を出すことに。
資金を集めたコックスがディの元に再び現れ、油田発掘を開始する…

ってな感じ。

因みに【山師(やまし)】とは、「鉱脈の発見・鑑定や鉱石の採掘事業を行う人」のことですが、「詐欺師・いかさま師」と言う意味もあります。

「いつも自分の夢を追いかけて」

って言葉でもわかるけど、やっぱりコックスじいさんは、根っからの博打好きなのね・笑
あぁ、それにしてもあのニャンコは可愛かったなぁ~(o・。・o)


[PR]
by 2004-ein | 2005-06-22 05:36 | 映画
Fallen
悪魔を憐れむ歌
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B00005HC8H
価格: ¥2,100 (税込)
米1997年
スコア選択: ★★☆☆☆

監督: グレゴリー・ホブリット
出演: デンゼル・ワシントン, ジョン・グッドマン, その他

ローリング・ストーンズの曲のタイトルを取った映画「悪魔の憐れむ歌(邦題)」。
原題は「Fallen」。「fallen angel」つまり「堕天使」のことを指しているようです。

人間に憑依して生き続ける悪霊・アザゼルと刑事(デンゼル・ワシントン)との死闘を描いています。
この悪霊、人間から人間に触れるだけでどんどん憑依して、永遠に生き続けていくんですね~。

連続殺人犯リースが処刑される直前に、「オレは戻ってくる」と言い残し『Time is on my side(時は俺の味方)~♪ by.ローリング・ストーンズ』と口ずさみながら処刑される。
その後、言葉通り、リースの犯行と似た殺人事件が次々に起こる。
しかも、その調査をしていたホブズ(デンゼル・ワシントン)も容疑者にされ、追い詰められていく・・・

って、ストーリー。
なんだか、最後のツメが甘いなぁ~って思ったのは、私だけかしら?
しかもこの悪霊、「全世界を破滅させる」という野望を持ってるんだけど、接触でしか憑依できないし、個体だから一人一人にしか、乗り移れない。
まぁ、この悪霊の好きな歌にもあるように、確かに「時間」は味方なのかもしれないけどさぁ~ 
なんとも、気の長い話しよね。
しかも、そこいらの人に乗り移っても仕方ないのにねぇ~
どうせなら、大統領とかに乗り移らないと駄目でしょう。
なんで、刑事に執着したんだか。
これじゃぁ、世界征服は無理。
卑小な死霊ね。|ー ̄) フッ…


COWBOY BEBOP 2nd.Session
/ バンダイビジュアル
ISBN : B00005EDGQ
価格: ¥7,140 (税込)
スコア選択: ★★★★★

かなり内容違うけど(一緒にすると怒られる・笑)、
Cowboy Bebopのテレビ放送されなかった 
Session#6「SYMPATHY FOR THE DEVIL」も同タイトルですね。
こっちも悪魔といえば、悪魔なのかしら・・・
ゲート事故により、不老不死の体になってしまったウェンのお話しです。
ブルースハープが、なんとも印象的な回。
ラスト、ウェンが「これで俺も死ねるのか・・・わかるか、お前に・・・」との台詞に
「わかんねぇよ・・・」というスパイク。
クゥ~ カッコよすぎですv(≧∇≦)v ♪



「悪魔を憐れむ歌」ですが、ガンズのカバーもカッコイイです。
あの「インタビュー・ウィズ・バンパイア」のエンディングです。
歌詞はメチャ、カッコイイです(歌詞:ミック・ジャガー)。


[PR]
by 2004-ein | 2005-06-14 19:51 | 映画
MRS. DOUBTFIRE
ミセス・ダウト〈特別編〉
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B00005HY4B
米1993年
価格: ¥4,935 (税込)
スコア選択: ★★★☆☆
監督: クリス・コロンバス
出演: ロビン・ウィリアムズ, サリー・フィールド, マーラ・ウィルソン その他

Blogを整理していて、去年見た「マチルダ」を思い出し、懐かしい映画の話題を・・・(って、話題がなかったからじゃないのよ・汗)

映画の「マチルダ」にも出演してた、マーラ・ウィルソンちゃん。
「ミセス・ダウト」では、ロビン・ウィリアムズの娘役でした。

ストーリーは、

仕事をクビになり、子供の誕生日には子供達と馬鹿騒ぎした夫のダニエル(ロビン・ウィリアム)にウンザリした妻のミランダ(サリー・フィールド)が離婚を切り出す。
裁判の末、養育権は妻のものになり、週一しか子供達に会う事が出来なくなってしまう。
が、ミランダが家政婦の募集をしている事を知ったダニエル。
子供に会いたいがため知り合いに頼み、特殊メイクをして初老のイギリス婦人「ミセス・ダウト」に変身して、家政婦として雇われる事に。
何度もバレそうになるのを誤魔化しつつ、家政婦として働くダニエル。

と、なんともR・ウィリアムらしいドタバタコメディ映画です。
映画の中で、思いっきりハジケテマス・笑

まぁ、結局子供達にバレちゃうんですけどね。
で、ようやく仕事のお話が来るんだけど、妻のミランダの誕生日パーティにも招待され、同時刻・同じ場所に行く羽目になってしまうのよ。
仕方ないから、2役をこなす事に・・・トイレでのチェンジのシーンは、笑えます。
で、流石に奥さんにもバレてしまうの。
って、当たり前!┐(´~`)┌

おばーちゃんは、そんな事しないでしょうとか、
いくら特殊メイクとはいえ、ばれるでしょうとか、
思うことは沢山ありますが、楽しんで見れる映画ですね。

N

*追記*
「クリス・コロンバス」は、昔懐かしの「ホームアローン」も監督した人です。
(「マコーレー・カルキン」君、今はどうしてるんでしょう?)
現在は、「ハリー・ポッター」を監督してる凄い人です。
この人の作品は、「9ヶ月」「アンドリュー NDR114」「ハリーポッターシリーズ」を観ました。
そういえば、「9ヶ月」にも「ロビン・ウィリアムス」は、お医者さんでドタバタと出演してたわね。「アンドリュー」は、主役だったし。
[PR]
by 2004-ein | 2005-06-07 23:19 | 映画
Romeo Must Die
ロミオ・マスト・ダイ 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B000666SQ8
価格: ¥1,575 (税込)
米2000年
スコア選択: ★★★☆☆
監督 :アンジェイ・バートコウィアク
出演 :ジェット・リー、アリーヤ、イサイア・ワシントン、ラッセル・ウォン他

タイトルの「ロミオ・マスト・ダイ」は、「色男はみんな死んじまえ!」という、
何とも???な、意味ですが、ロミオでピンと来る通り、黒人系とアジア系ギャングの抗争映画です。
この映画がジェット・リー(ハン・シン)のハリウッド主演第1作目でしたが、
いかに「マトリックス」の製作スタッフが絡んでようと、あのワイヤーアクションはないよな~って感じでガッカリでした。
ヒロインのアリーヤ (トリシュ・オーディ)は、映画初出演だったそうですが、
くっきりはっきりの美人サンですね~
って、彼女、2001年に飛行機事故でもう亡くなってるんですね。
あ、「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」にも出演してた人なんだ。
へぇ~、本業は歌手なのね。
宇田多ヒカルがR&Bにハマったのは、アリーヤを聴いたのがキッカケなんだって。
アリーヤってスワリヒ語で「最高の存在」という意味。

アリーヤ (CCCD)
アリーヤ / エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
ISBN : B0000AKI89
定価: ¥2,100 (税込)

って、横道にそれてしまいましたが、映画の感想書くほど深い内容ではなかったのですが(笑)、ジェット・リーはカッコよかったな。
無理やり”HipHop”の真似事させなくってもいいのに、似合ってないし・・・
でも、消火栓のホースでバシバシ敵をやっつけるシーンは、よかったなぁ。
最後、顎にヒットさせるのは「オォ~」とか、言っちゃったわ。
ワイヤー使わず、アクションした方がよかったんじゃないかな。


[PR]
by 2004-ein | 2005-06-03 23:46 | 映画
BLOW
ブロウ
/ タキコーポレーション
価格: ¥3,990 (税込)
2001年米
スコア選択: ★★★
監督: テッド・デミ
出演: ジョニー・デップ, ペネロペ・クルス, ジョルディ・モリャ その他

火曜の深夜にあった映画。
1970年~1980年代に伝説のドラッグ・ディーラーとなった男ジョージ・ユングの波瀾の半生を家族や恋人との愛と葛藤を織り込み描いた実話です。
ジョニー・デップ主演とのことで見た映画でしたが、やっぱり、カッコイイわぁ~。
髪はショートの方が好きだけど(--)
因みに、タイトルの「ブロウ(BLOW)」とは、マリファナ、コカインなどドラッグ吸引を意味する俗語の事です。

麻薬社会に焦点を当てたと言うよりはジョージ・ユングを取り巻く人間関係を描いた映画でした。
ジョージ・ユング自身と彼を取り巻く人間達が、「お金」が全てだと思ってる中で、彼の父フレッド・ユング(レイ・リオッタ)だけ「金なんて幻だ」と言う台詞には、すごく重みがありましたね~
その言葉を理解するまでにかかった年月・・・失った物が多すぎましたね。
それにしても、母親、仲間、妻にも裏切られるジョージ・ユング。
本当は、純粋な人だったのかぁ~と、フト思ったんですけど、どうなんでしょうね。
商売の才気はあったんだから、もっと違う所に頭を使えば違った世界で活躍できた人だったかもしれないのに。
方向性を間違ってしまい、勿体無いですね。

そういえば、70年代後半から80年代時代、アメリカに出回ったコカインの80%以上がボストン・ジョージ(売人になってから異名をとっていた)のコカインルートを通じて持ちこまれてるんですって。
すごいですねぇ・・・80%ですよ!
ま、この時のお金は、事情により没収されちゃいましたけど。
映画では、さらりと流してましたが、凄いことしてたんですねぇ・・・

とまぁ、自分がしでかした事を「悪い事」だと思っていないジョージでしたが(だから何度パクられても密売したんでしょう)、年を経ていくにつれ容貌が変わっていくジョニー・デップの俳優魂はかうけど、お腹が出てる姿は・・・・正直見たくなかったナ|ー ̄) フッ…

BLOW―ブロウ
ブルース ポーター Bruce Porter 山田 佳 / アーティストハウス
ISBN : 4901142542
価格: ¥1,890 (税込)

こちらの小説は、映画「BLOW」の原作です。


[PR]
by 2004-ein | 2005-06-01 17:44 | 映画
Bless The Child
ブレス・ザ・チャイルド
/ ポニーキャニオン
価格: ¥4,935 (税込)
スコア選択: ★★☆☆☆
2002年米

監督: チャック・ラッセル
出演: キム・ベイシンガー, クリスティーナ・リッチ, ホーリストン・コールマン

日曜洋画劇場で放映された「Bless The Child(ブレス・ザ・チャイルド)」。
可もなく不可もなく・・・意外な展開がないまま淡々とストーリーが進み、
それなりに楽しんで見終わったかな?

クリスマス・イヴ。
ニューヨークの大学病院で働く看護婦マギー(キム・ベイシンガー)の前に音信不通だった妹ジェンナ(アンジェラ・ベティス)が突然現れ、生まれたばかりの赤ん坊・コーディ(ホーリストン・コールマン)を預けていった。
それから6年、マギーとコーディは実の親子のように暮らしていたが、街では幼児連続誘拐事件が多発しており、中には儀式殺人の犠牲者として発見される子供もいた。
NY市警はFBIの捜査官トラヴィス(ジミー・スミッツ)の協力を得て、悪魔崇拝者の線から事件の捜査を進め、子供たち全員が6 年前の12月16日に生まれていた事実を知る。
それはコーディの誕生日でもあった……。

というストーリー。
あとは、ジェンナが6年ぶりに夫(カルト宗教の親玉)・エリック・スタール(ルーファス・シーヴェル)と現れて、コーディを連れ去り、コーディの不思議な力を利用しようとするっていう、何だかどこかで聞いた事のある話。
コーディの不思議な力に関しても曖昧だったし、コーディ救出の為に力を貸すといってきたシスター達も唐突過ぎて何だかなぁ~だったし、さわりだけをサラァ~と流していった、深みのない映画でした。
あ、でも、コーディの「お先に♪」って言う台詞は、可愛かったわ。

一番気になったのは、トラヴィスの顔色の悪さ。
悪役かいな(--;って感じでした・笑
Sound Labo的には彼に注目。Star Wars2・3にも出演しています(゜▽゜;)
このトラヴィスも謎な人でしたね~ 牧師だったとか違うとか・・・
あの障りには、何か意味があったわけ?

クライマックスの教会。
三つの光が出てきた時、思わず、フランダースの犬を思い浮かべたのは私だけ?笑


[PR]
by 2004-ein | 2005-05-29 23:00 | 映画
Tremors
トレマーズ
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
定価:¥8,379 (税込)→アマゾン価格:¥6,703 (税込)
スコア選択: ★★☆☆☆

出演: ケビン・ベーコン, フレッド・ウォード, その他
監督: ロン・アンダーウッド, S・S・ウィルソン


今日、テレビ東京の「木曜洋画劇場」にて「トレマーズ」がありますね~
なんだか懐かしい名前に轢かれ、ちょっとBlogに書いちゃおうと、ライフログで検索したら・・・
え?BOX?
「グラボイズ」がDVDに噛み付いてる・・・?
えぇぇ~~ これってシリーズ化されてて、しかもシリーズ4まであるのぉ~~
ひぇぇ~~||| ̄□ ̄)!
で、皆のコメント見てみると、B級パニックモンスター映画の中では意外と人気があることが発覚・・・
むかぁ~し、観たきりだから俳優とか憶えてなかったけど、ケビン・ベーコンが出てたのかぁ。
しかも、このBOX

『発送可能時期:発売予定日は2005/05/27です。ただいま予約受付中です。』

との事だそうです。興味のある方は、是非どうぞ・笑
結構、売れちゃったりするのでしょうか・・・?

流石にケビン・ベーコンは、シリーズ1にしか出演していないようですが、その後のシリーズもやはり同じ内容なのでしょうか?
ただ、出現場所が違うというだけで・・・?
それにしても、シリーズ4とは、驚いた(--;

ストーリーは、

砂漠で異常な振動が確認される。
原因追求の為、地震学者や付近の住民たちが現地に赴く。
そして、そこにいたのは、謎の地底怪物「グラボイズ」。
怪物退治に乗り出す人々を次々と襲う怪物・・・
果たして、退治することは出来るのか?!

ってな、単純ストーリ・笑
地中版「ジョーズ」って感じでしょうか。

薄っすらと面白かったという記憶があるので、ケビン・ベーコンも出ることだし、ちょっと観てみようかなぁ~



**追記**
というわけで、観ちゃいました。
結構、ストーリー憶えてましたねぇ。
そんなに印象深い映画だったのかしら・・・話的には、深いものがないからかな。
それにしても、最後のBOXプレゼントには、笑ってしまった(^-^;
しっかり初回限定のグラボイズが喰いついてるDVDだった・・・
[PR]
by 2004-ein | 2005-05-26 12:15 | 映画
BAIT
b0028917_22252852.jpg
ワイルド・チェイス -BAIT-

監督 : アントニー・フュークワー
出演 : アルビン・・・ジェイミー・フォックス
      エドガー・・・デイビッド・モース
      ブリストル・・ダグ・ハッチソン
2001年 米
スコア選択:★★★☆☆

深夜番組の月曜映画でやってた「ワイルド・チェイス」。
前にも観たことあるし、ストーリーも単純なんだけど、結構楽しんで観ました。
原題の「BITE」は、「噛み付く・一口・囮」等の意味があるのですが、まぁ、主人公をエサに犯人をおびき寄せるという意味で、すごく合ってると思うんですけどね。
邦題の方が、ちょっとダサい・・・(-。-;)ボソ…

ストーリーは、

アメリカ連邦準備銀行から4,200万ドルの金塊が盗まれる。
犯人と目される男ブリストルの足取りを一向につかめないFBIは、最後の手段として囮(ベイト)を使った作戦を断行。
その囮に選ばれた男はたまたま実行犯の一人と同じ監房だったケチなコソ泥、アルビンだった。探知機を歯に埋め込まれ、それとは知らずに釈放されるアルビン。
4,200万ドルを巡る元泥棒とFBIの争奪戦が始まる!

と、ありがちなストーリー・笑
探知機に盗聴機能もあったもんだから、全部会話がバレバレ。
それをFBIの方々が聴いている・・・って、嫌ですよねぇ。(ーー;)
でも、初めは本当の”エサ(生死を問わない)”としか考えていなかったのが、段々と感情移入してきて、彼への考え方が変わってくるんです。
カーチェイス中のシーン、笑ったなぁ。
FBIに銃で脅されて、アルビンは銃を持ってないから指で銃の真似するとこ。
「バレるってば~~」って、爆笑しました(^m^) ウププ...

それにしても、金塊の隠し場所。
あそこに隠すのは、かなり無理があるような・・・(--;
気が付くでしょ、普通。



**追記**
ジェイミー・フォックスって、「コラテラル」に出演してたのは知ってたけど、「Ray/レイ」で主演した人だったんだ!!
そっかぁ。
盲目ソウル・ミュージシャン、レイ・チャールズの映画。
観たいなぁ~って思ってたのよね。
[PR]
by 2004-ein | 2005-05-24 22:52 | 映画